デリヘル店が混雑している時期、空いてる時期や時間は?繁忙期と閑散期を知っておこう!

デリヘルのような風俗で待たされるのって嫌ですよね?そこでそれらを回避する為にデリヘル店が混んでいるとき、空いているときをできる限り把握して望めるように解説します。

特に混み合ってる時期と時間帯について

「金曜日、土曜日、祝日前」

土日祝日が休みになっているサラリーマンなどにとってはどうしてもこれらの日に集中しがちです。

平日は仕事で忙しくデリヘルなどで遊んでる暇がない!とか疲れているからそれどころではない!という人も少ないないと思います。

となると華の金曜日にいっちょデリヘルでも呼んで仕事の疲れを思いっきり癒そう!という人が増えるのが実情ですが、中には自宅付近でデリヘルを呼びたくないという事情のある人も多くいる為、金曜の仕事帰りに繁華街か郊外のホテルへ出向いてデリヘルを呼ぼう!と考える人も多いかと思います。

良心的な企業だと、月末の金曜日には15時には退社できるなどの待遇があるみたいですが、現状、ほとんどの日本企業でそんな制度は利用されていません。なので、金曜の夜が「華金」と呼ばれる由縁になるんだと思います。

基本的には暦通りの休みになっている前日前夜はデリヘル利用者がもっとも込み合う時間帯という事になってしまいます。

「土曜日、日曜日」

平日は仕事で忙しくデリヘルなどで遊んでる暇がない!とか疲れているからそれどころではない!と上記で述べた環境に置かれているサラリーマンががデリヘルで遊びやすいのは、やはり土曜日と日曜日になります。

特にデリヘルのような風俗店にとって土日祝日は書き入れ時になるわけなので、指名したいお気に入りの女の子がいる場や待たされるのがどうしても嫌という場合は、可能であれば事前予約をしておくことをお勧めします。

またラブホテルなんかも混んでしまいますので、お目当のホテルが取れない可能性がありますが、明日からまた長い一週間が始まるから日曜日は家でゆっくりしよう!という考える人が多いので、日曜日だったら比較的空いています。

ただ日曜日は比較的自宅で過ごしている人が多いと思うので、もし貴方が自宅にデリヘルを呼ぶ際にご近所さんの目が気になるのであれば、ホテルにした方が無難かと思います。

「連休の最終日」

調査によると以外にもデリヘルが混み合うのは三連休以上の最終日という意外な結果だったのですが、休日前半は家族サービスや恋人と過ごしたりして最終日は自分への楽しみに!なんていう人が多いみたいなんです。

ただそれでも、日曜の夜同様、連休最終日もそこまで混んでるわけではないので、この日にスポットを当てられるならお目当の女の子を指名しやすいかもしれませんので、頭に入れておくといいかと思います。

「GW、お盆、年末年始」

大型連休はデリヘルに限らずどこでも混みあってしまうのですが、普段連休のないお仕事に疲れている方はできるなら大型連休にデリヘルの利用は控えた方が無難と言えます。

また、GWやお盆、年末年始に帰省する人、旅行者なども多くなる為、普段空いてるデリヘル店舗だったりしても混む可能性が高いので、観光地が近いエリアに住む方も注意が必要です。

「6月、7月、12月」

これは一般的なボーナス時期にあたりますので、この時期も混むことが大方予想されます。

特に冬のボーナスがでる12月の年末が注意が必要なのですが、一年の締めくくりと称して羽目を外したかったり忘年会や仲間内の飲み会の後にいっちょデリヘルで遊ぼう!という流れになる場合は多いので、この時期も特に利用者が多くなりがちです。

そして6月と7月ですが、この時期はボーナス時期に加え、梅雨の時期に入りますので、土木関係や野外レジャー関係のお仕事をされている方はもちろん、中で過ごしがちな人が多くなる為、電話一本で呼べるデリヘル遊びに集中する事が予想されます。

お目当のデリヘル嬢を指名し易い時期と時間帯について

「平日の昼間」

土日休みの学生やサラリーマンは平日はどうしても利用できない事が多い為、当然平日は空いてる事が多いです。

中でも良く空いてると言われるのは火曜日から金曜日の昼間なのですが、サービス業をされている方は月曜休みが多い為、平日でも月曜日が一番混む傾向にあるようです。

週半ばの火曜、金曜、木曜は夜でもそこまでデリヘル利用者は多くありませんので、有給を使ってデリヘルを呼ぼう!と考えている方は火曜から木曜を狙ってみると良いかと思います。

「デリヘルのキャンペーンとイベントの翌日」

キャンペーンやイベント時は、料金の割引や店舗によってと特別なイベントを開催している事がある為、そういった場合は、やはり利用者が集中しがちになってしまいますが、その翌日という事であれば混み具合もグッと減ります。

またイベントやキャンペーンが終わる直前に女の子を呼ぶのもピークが去った後なのでお勧めです。

少しでもお得にしたい!というのであればキャンペーンやイベント中の利用が良いかもしれませんが、お目当の女の子を指名したい!待たされるのは嫌だ!というのであればイベント終了後を狙うのをお勧めします。

「大イベント真っ只中の期間中」

地域の祭りやイベント、ワールドカップなどの大盛り上がりな時期、時間帯は比較的空いてると思われます。

祭りの行事なんかがあるとむしろデリヘルを呼びたくなるのは、祭りを楽しんだ後だったり、視聴率の高いワールドカップなんかは大勢の人が試合に熱狂しがちだからです。利用するのも一つの手です。

「2月、3月、10月、11月」

サービス業界ではこの2月と3月はもっとも儲けが出にくい時期と言われていますが、年末年始で出費が多くなった人達の節約期間に入る時期でもあり、冬の時期で寒く天気もあまりよろしくない為、人々の活動意欲が低下してしまう時期と言えます。

それに3月はどうしたって年度末の仕事が忙しくなってしまってデリヘルを呼べる時間がない人や、卒業、引っ越し、転勤などなど出費が色々と重なってしまう時期でもあります。

しかしデリヘル好きにとってこの時期は逆に好機と言えます。

この時期を狙ってデリヘル遊びの為のお金を用意しておいて、普段人気がありすぎて中々指名できない女の子を頂けてしまうチャンス到来の時期になるからです。

そして、次のサービス業界の閑散期に当たるのが10月と11月です。

お盆などの連休でお金を使ってしまった人にとって節約の時期に当てはまります。

また11月になれば年末年始に差し掛かってくるので、仕事が忙しくなったり年末年始の為の費用を蓄えようという時期に入ってきますが、夏の期間は少し耐えてこの時期にデリヘル遊びに専念するのも悪くない選択だと思います。

ストレスなく遊ぶ為に、出勤中の女の子のチェックもしておこう!

せっかく楽しみにしていた女の子を指名しようとしていたら空いてなかった!即呼べる女の子はちょっと微妙な子しかいなかった!結局待ち時間が1時間以上経ってしまった!なんて事になったらテンション半減です。

なのでデリヘルを利用する時期、時間帯は本当に重要になってきます。

ですので、デリヘル予約をする前にお目当の女の子の出勤情報を忘れずにチェックする事が肝心です。

普段と時間をずらしたらお目当の女の子が出勤ていなかったなんていうトラブルも起こり得ますので、より良く楽しむ為の事前準備を怠らないようにお勧めします。